【転職のプロが教える】40代のITエンジニアへの転職は実現可能?

記事執筆者
IT系派遣会社勤務 S.T

某大手派遣会社で、IT系派遣の分野に精通したスペシャリストとして活躍中
※個人情報保護のため、イニシャルも仮名を使用しています

「IT未経験の40代がITエンジニアになれる?」

と思っていませんか。

この記事では、IT未経験の40代がITエンジニアになれるのか、そしてスクールの活用やよりIT業界で働けるコツなどをご紹介しています。

ITエンジニアに興味をもつ40代の方が、少しでもこの記事でITエンジニアとしてのスタートができるきっかけとなれば嬉しいです。

この記事の管理者株式会社アドバンスフロー
転職エージェント 兼 元派遣会社勤務 中塚 章浩

大手総合人材会社を経て、リクルートに勤務。その後、現在の株式会社アドバンスフローを設立。派遣業務、転職エージェント業務、新卒採用代行業務など、幅広い業務を経験。

IT未経験の40代がITエンジニアに転職することはできる?

40代未経験でのITエンジニアへの転職はなかなか大変ですが、実現不可能ではありません。

転職が大変な理由としては以下の2点が挙げられます。

  1. 中途採用では基本的には即戦力のスキルを求められる
  2. 企業の募集要件として長期的キャリア形成のために年齢制限があることもある

IT業界は、技術のアップデートが早いのでキャッチアップ力が必要です。

会社や業界によってはリリース前に残業が続いたり、急なトラブル対応があったり、体力も必要になります。

しかしながら、40代未経験だと絶対にITエンジニアになれないという訳ではありません。

エンジニアスクールに通うとIT未経験40代の転職可能性は高まる?

エンジニアスクールに通えば、転職可能性は高まります。

なぜならば、ITエンジニアとしての知識やプログラミングを学ぶことが最低限必要だからです。

いきなり就業先にITエンジニアとして入社をしても専門用語が飛び交うので話についていくことはなかなか大変です。

スクールに通えば、基礎を学びながらプロの講師からアドバイスやレビューを受けることができるのでスキルアップができます。

スクールによっては、成果物を作ることができるので、転職活動に有利になることもあります。

お金をかけてスクールに通うことで本当にITエンジニアをやりたい熱意をアピールできるチャンスにもなります。

ITエンジニアへなりたい熱意を採用担当者に伝えるためにもエンジニアスクールに通うことはおすすめです。

IT未経験40代が転職する際にどのような求人を選べばいい?

IT未経験40代が転職する際は、過去の経験の業界知識を活かせる同業界で求人を探してみましょう。

同業界での転職なら、業界知識が豊富であれば過去の業界知識が活かせるので、転職可能性がより高まります。

職種としておすすめなのは「テストエンジニア」です。

テストエンジニアとは、作成されたソフトウェアが仕様書の通りに動くか、第三者目線でフィードバックするお仕事です。

テストエンジニアの仕事を通して、IT業界や製品知識への理解を深めることができますし、テスト実施業務でしたらテスト手順書があるため、未経験でも入りやすいポジションになります。

テストエンジニアとして製品知識を身につけて、その後プログラマーとしてスキルアップできる可能性があります。

派遣会社に登録するとIT未経験40代の転職可能性は高まる?

派遣社員だからこそ応募できる求人も見つかるので、転職可能性は高まる可能性があります。

なぜ転職可能性が高まるのか、その理由はとして以下の2点が挙げられます。

1.派遣スタッフだから対応できるお仕事がある可能性もあるから

企業によっては、作業工程ごとに正社員と派遣社員で対応する業務を切り分けていることがあるからです。

正社員ですと難しいかもしれませんが、派遣でしたら応募可能な求人を見つけられる可能性が広がります。

2.チーム派遣がある企業なら未経験エンジニアでも応募しやすくなる可能性があるから

常駐先企業で派遣社員が多い場合は、派遣会社ごとにチーム派遣を実施している企業もあります。

チームリーダーが同じ派遣社員の新しい派遣社員を指導することを条件として、未経験エンジニアでも応募が可能になることがあります。

まずは、派遣社員として登録をして応募できる業務からスタートすることもひとつの手です。

(※チーム派遣とは、派遣会社がチームリーダーを配置、リーダーの下に複数名の派遣社員を配置して、一つのチームとして業務を行うことです。)

IT未経験40代が就業しやすいITエンジニア以外のIT系職種は?

ITエンジニア以外で、40代IT未経験の人が就業しやすい職種として「Webデザイナー」がおすすめです。

特にクリエイティブ業界で就業していた方は、今までのデザイン経験を活かせるでしょう。

Webデザイナーとは、クライアントに依頼されたWebサイトのデザインを作るお仕事です。

具体的な業務内容としては、Webサイトの構成・レイアウト決め・デザイン決め・コーディングを行います。

Photoshop、Illustratorなどを使ってデザインをした経験やHTML、CSSの知識があれば転職可能性が高まります。

求人の応募要件として、自分でWEBサイトを制作した経験があれば応募可能な求人もあります。

独学で学びながら自分でWebサイトを作ることでポートフォリオを作っていくこともできます。

スキルアップに今から始められることとは?

自分の経験やスキルが足りないと思ったら、プライベートから何か始めてみることもひとつの手です。

以下、3つおすすめを紹介します。

1.実際にオリジナルアプリを作ってみる

ITエンジニアの需要が増えてきていることから、未経験でもITエンジニアになりたい人も増えてきています。

しかしながら、実際に勉強をしている人や成果物を作っている人はそう多くありません。

オリジナルアプリを作って自分のポートフォリオを作ってみましょう。

2.Progateでプログラミングの基礎を学ぶ

エンジニアスクールに通うことに抵抗があるなと思ったら、Progateなら無料でプログラミングを学ぶこともできます。

Progateとは、プログラミングの学習が無料でできるWebサービスです。

自分の志向性とずれていないかについても確認できますし、スキルアップにもつながります。

もっと学びたいと思ったら、有料プランに変更もできます。

まずは、登録してプログラミングの基礎を学んでみましょう。

3.SNSで学びや想いを発信してみる

最近では、SNSで転職をすることも増えてきていて、Twitterでは「#Twitter転職」や「#エンジニア転職」というハッシュタグもあります。

SNSで発信をしていたら、どこかの会社からお声がかかることもあるかもしれません。

また、Twitterで人材を募集している企業もあります。

自分で人材募集している企業を探してみて、ダイレクトメッセージを送ってみるとご縁があるかもしれません。

まとめ

この記事をまとめると、

IT未経験の40代がITエンジニアとして転職することは、正直厳しい面がありますが、可能性はゼロではありません。

年齢のことを考えて、未経験で転職なんて難しいと思って諦めてしまう方もいると思います。

しかしながら、諦めずに今までの経験や自分の得意を掛け合わせることで、転職の可能性が広がることもあります。

英語など自身の得意分野を活かすことで、IT業界にチャレンジできる可能性もあります。

自分の可能性を信じて、できることから始めて、自分の可能性を広げていきましょう。

この記事が、あなたの転職活動に役立てば幸いです。