適性が知りたい! MRに向いている人の特徴

MRらしい人


「MRに向いている人はどんな人?」

と悩んでいませんか。

そこで、
現役転職エージェントでMRの紹介経験が豊富な筆者が、
これらの悩みを解説していきます。

この記事で、MRのことを知っていただると幸いです。

MR向きの人の特徴とは?

MRに向いてる人

MRはどんな方に向いている・適性があるのかというと結論としては以下の点が備わっている方です。

  • 医療に興味があり継続して勉強できる
  • 明るく知的なコミュニケーションができる
  • 戦略的な営業ができる
  • 忍耐強い
  • 車の運転を苦にしない

ではそれぞれ説明をします!

医療に興味があり継続して勉強できる

MRの正式名称は医薬情報担当者と言い、医薬品を売る仕事ではなく、医薬品についての情報を医者や薬剤師に伝える仕事です。

そのため、医薬品の最新の情報を勉強しつづけないと仕事になりません。医療に興味があって、ちゃんと勉強できないとMRには向かないと言えます。

明るく知的なコミュニケーションができる

MRは営業職です。営業である以上、明るいコミュニケーションができないとお客さんがついてきません。

また、MRのお客さんは医者や薬剤師といった優秀な経歴や頭脳の方です。そのため、それ相応の知性が求められます。

戦略的な営業ができる

MRの営業活動はほとんどが外出となり、病院や代理店をいったりきたりしています。つまり、移動時間が営業活動の大半を占めることになります。

そのため、売上を最大化させるには無駄をどれだけ無くすかが鍵になります。そういうことを考えながら効率的に活動する戦略性が重要になってくるのです。

忍耐強い

MRは医者の空き時間を捕まえて商談の時間を確保します。そのため、時には一人の医者と会うために長時間待機しないといけないこともあります。

忍耐力も大事な仕事なのです。

車の運転を苦にしない

MRの移動は社用車です。車での移動の多い仕事なので車の運転を苦にしないことも大事なのです。

そんな能力ないよと思った方へ

MRは上記のように簡単な仕事ではありません。でも大丈夫です。なぜならMRの方は最初からそんな能力はないからです。

今現役のMRの方は仕事の中で1つ1つ能力を上げてきたのです。

今MRを目指す方に大事なのは上記のようなことを認識しながらそれでもチャレンジしたいという情熱を持つことです。

情熱をもって1つ1つ積み重ねていくことこそが大事なのです。

MRの記事一覧
仕事内容
なるには
給料・年収
就職・転職
働き方
その他
作成中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA