コールセンターで働く場合は自由な服装でも大丈夫? |コールセンターは髪型やネイルも自由で高時給です!

服装 迷い


大手転職会社にて約6年勤務、延べ2,000人近くの転職をサポート。派遣業務、転職エージェント業務、新卒代行業務など幅広い業務を経験。担当業界は、金融・不動産・メーカー・商社・IT・マスコミ・小売・官公庁など多岐にわたる。

コールセンターで働くときの服装は自由?


コールセンターの仕事は電話を使った仕事で、顧客と対面することがないため、どのような服装でも問題ありません。

ただし、あくまでも「仕事の場」ですので、最低限のマナーはあります。

例えば、ランニングやキャミソール、丈の短いスカートなど過度に露出の多い服装、パジャマや短パン、ジャージといったラフすぎる服装は、一緒に働いているまわりの社員に不快感を与えるため控えましょう。

また、コールセンター業務の多くは働く際の服装を指定していませんが、なかには「オフィスカジュアル」「スーツ」「制服」などの指定があるコールセンターもあります。
自由な服装で働きたいと考えている方は、応募前に確認しておきましょう。

髪型、アクセサリー、化粧、ネイルなども自由?


コールセンターでは、髪型やアクセサリー、化粧、ネイルなども自由とされていることが多いです。

仕事をする際のファッションとして、服装と同様に、髪型やアクセサリーなどで悩まれる方も多くいらっしゃるでしょう。
ここでは、髪型、アクセサリー、化粧、ネイルの4つについて説明します。

1.髪型

髪の色は指定されていないことが多く、その場合は染めていても問題ありません。

しかし、髪型には注意が必要です。

コールセンターではヘッドセットを着用して仕事するため、その邪魔になる髪型では仕事に支障をきたすことがあるためです。

例えば、頭頂部でお団子にする髪型の場合、ヘッドセットとお団子がぶつかってヘッドセットが装着できなくなります。

こうしたことを避け、髪が邪魔になる場合は後ろですっきり結ぶといいでしょう。

2.アクセサリー

アクセサリーについても指定はありませんが、イヤリングやピアスの使用に際してはヘッドセット装着の邪魔にならないように注意しましょう。

邪魔にならないとしても、イヤリング・ピアスとヘッドセットが当たって痛みが生じる場合もあります。
快適に仕事できるよう、小さめのものにすることをおすすめします。

ネックレスや指輪、時計などは、そうした影響も考えづらく、特に規定はありません。
気になる場合は、就業初日に担当者へ確認しておきましょう。

3.化粧

コールセンターは顧客と対面することがないので、化粧に関する規定はありません。

しかし、同じ職場で働いている社員の方がいますので、服装と同様に最低限のマナーとして、塗りすぎ・つけすぎには注意が必要です。
ファンデーションやアイライン、チークを薄めにすると厚化粧には見えません。
香水なども周囲に迷惑が掛からないようにしましょう。

反対に、化粧しなければならないという規定もありませんので、朝が忙しいという方は時間の余裕が少しできるでしょう。

4.ネイル

基本的には、ネイルも指定はありませんが、コールセンターではパソコンを使用するため、操作できないほどのネイルは控えましょう。

どの程度のネイルがパソコン操作の邪魔になるかというのは、自身でパソコンを使ってみないと何ともいえないところがあるでしょう。
ですから、就業初日は装飾のついていないデザインで仕事をスタートすることをおすすめします。

その後様子を見ながら、仕事に支障をきたさない範囲で、自分なりのおしゃれを楽しんでいきましょう。

コールセンターの仕事は「自由な服装」以外にも魅力が多い!


コールセンター以外にも、自由な服装で勤務できる仕事はあります。

しかし、コールセンターには、服装以外にも多くの魅力があります。

ここからは、コールセンターの仕事の大きな魅力を3つご紹介します。

1.シフト制

コールセンターではシフト制を取り入れているところが多く、自身のライフスタイルに合わせて働くことができます。

例えば、「午前中のみ勤務」「週2~3日勤務」「平日のみ勤務」など、さまざまな設定を希望することが可能です。

2.時給が高い

他の職種と比べて、コールセンターの求人は時給は若干高いものが多いです。

時給は地域にもよりますが、大手求人サイト「タウンワーク」の求人を調査したところ(2019年8月時点)、事務のパートの平均時給が1000円であるのに対し、コールセンターの平均時給は1200円でした。

時給の高い求人を選んでコールセンターで働くことで、短時間で効率よく稼ぐことも可能になります。

3.誰でも仕事を始められる

コールセンターの仕事は、勤務経験の有無や年齢を気にせず、誰でも始められます。

しばらく仕事をお休みしていて久々にパートで働こうと思ったとき、「仕事の勘を取り戻せるか」「年齢は問題ないか」と心配になることがあるでしょう。

その点、コールセンターはマニュアルが細かく作られ、研修もしっかりしているので、誰でも安心して始められます。

まとめ


コールセンターの仕事について、「コールセンターでは、自由な服装で働くことができる」ということをご紹介しましたが、いかがでしたか?

それ以外にも、この記事では以下のようなこともご紹介しました。

  • コールセンターの仕事は、髪型や化粧、アクセサリー、ネイルも自由に楽しめる
  • コールセンターの仕事は、服装以外にも魅力がある

この記事でコールセンターの仕事に興味をもって、「応募したいな」と思っていただければ嬉しいです。

コールセンターに関連する記事一覧
【求人数調査】電話・コールセンターの派遣会社おすすめランキング!
コールセンター 研修
コールセンターの研修は?|内容は難しい?迷ったときはどうすればいい?実際の仕事例もご紹介!
コールセンター疑問
コールセンターの仕事は営業力がないとできないの?|コールセンターは研修が充実しているから未経験でも安心です!
服装 迷い
コールセンターで働く場合は自由な服装でも大丈夫? |コールセンターは髪型やネイルも自由で高時給です!
【元センター長執筆】コールセンターが未経験者でも活躍できる2つの理由と先輩からのアドバイス
【元センター長執筆】コールセンターで身につくスキルと資格でキャリアアップ
【元センター長執筆】コールセンターと一般事務の仕事の違いって何?
【元センター長が伝授】コールセンター面接時の志望動機の書き方
【元センター長執筆】経験者50人に聞くコールセンターでつらくて大変なことTOP4!
【元センター長執筆】コールセンター経験者50人に聞くやりがいTOP4
【元センター長執筆】コールセンターでキャリアアップする「完全ガイド」
【元センター長が執筆】コールセンター内の役割にはどんなものがあるの?
コールセンターのプロが語る!知って得するメリットデメリット
【元センター長が執筆】コールセンターの勤務時間、休日、休暇、残業など
【元センター長執筆】コールセンターの将来性と今コールセンターですべきこと
【元センター長執筆】コールセンターの仕事に向いている人、向いていない人
コールセンターのプロが語る!コールセンターの仕事内容と難易度とは?
【元センター長執筆】コールセンターで働く男性の3つのメリットと実態
【元コールセンター長執筆】コールセンターで働く1日の流れ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA