【元センター長が伝授】コールセンター面接時の志望動機の書き方


「コールセンターの面接の時に、どんな志望動機を言えばいいか分からない。」
「的外れな志望動機を言ってしまって、面接を失敗したくない。」
面接で志望動機は必ず聞かれるけど、難しいですよね。

この記事では元コールセンター長の私が「コールセンターの志望動機」についての不安や疑問を解決します!

具体的には…

  1. コールセンターの志望動機ランキング
  2. コールセンターのやりがい3選
  3. コールセンターで身につく3つのスキル
  4. 具体的なコールセンターの志望動機の書き方

このような点について詳しく解説しています。

これからコールセンターの面接を受けようとされている方はこれを読んで参考にしていただければと思います。

コールセンターの志望動機ランキング

コールセンターの仕事にやりがいを感じている女性

ここでは実際にコールセンターで仕事を経験したことある方50人に、コールセンターに入社した志望動機を聞きました。
2018年3月クラウドワークス経由にてアンケート実施

志望動機1位 お給料がよかった

一般的にコールセンターは販売業などに比べて給与が高い傾向にあります。
仕事内容が営業系のアウトバウンド(発信)など、敬遠されがちな仕事内容であればある程、給与の待遇はいいので、給与に魅かれて応募する人も多いです。

志望動機2位 シフト制がよかった

コールセンターでは勤務日や勤務時間帯が希望できる「シフト制」が多いです。
自分のライフスタイルに合わせて仕事できることから、志望動機の上位にランクインしています。

志望動機3位 オフィスワークをしてみたかった

コールセンターの仕事は「未経験者OK!」の場合が多いです。
オフィスワークの経験がない方でも入社しやすく、オフィスワークデビューにはとてもいい職場です。

志望動機4位 ビジネスマナーを身につけたかった

コールセンターでは敬語などの話し方研修があります。
敬語や話し方に自信がない方でも、コールセンターに入社すれば自然と身につきます。

コールセンターのやりがい3選

コールセンターの仕事にやりがいを感じている女性

ここからは志望動機の参考となる「コールセンターのやりがい」についてのアンケート結果を紹介します。

①お客様から感謝されること

コールセンターの仕事はお客様と直接電話で対応します。
そのため、お客様から「ありがとう」や「あなたのお陰で助かった」など言っていただけることが一番のやりがいになります。
今まで、接客業などしていて、お客様から感謝されることをやりがいに感じていたなら、きっとコールセンターの仕事もやりがいに感じることでしょう。

②達成感(目標数値に達するなど)

営業系アウトバウンド(発信)だと目標達成をすることにやりがいを感じる人が多いです。
もし、販売や営業経験があって、目標達成することをやりがいと感じたことがあれば、同じくやりがいを感じることができるでしょう。

③クレーム対応がうまく行く

コールセンターの仕事のつらいことNO.1は「クレーム対応」です。
しかし、そのクレーム対応を乗り越えた時に、やりがいを感じる人は多いです。
今までの仕事でクレーム対応の経験があって、クレーム対応にやりがいを感じたことがある方であれば、コールセンターの仕事にもやりがいを感じれるでしょう。

関連記事
コールセンターの仕事のやりがいを詳しく書いている記事はこちらをどうぞ。

【元センター長執筆】コールセンター経験者50人に聞くやりがいTOP4

コールセンターで身につく3つのスキル

コールセンターで身についたスキルの1つであるブラインドタッチ

ここでは実際にコールセンターで働いたことある方に「コールセンターの仕事ではどんなスキルが身についたか?」をアンケートしました。
上位3つを紹介します。きっと志望動機のヒントになります。

身につくスキル1位 電話対応

「敬語」や「相づち」、「分かりやすい伝え方」など、電話対応のスキルは必ず身につきます。

身につくスキル2位 コミュニケーションスキル

「相手が何を言いたいのか」「どうしたら伝わりやすいのか」「どうしたら相手に納得してもらえるのか」を常に考えながら対応するので、自然とコミュニケーションスキルも身につきます。

身につくスキル3位 ブラインドタッチ

コールセンターではお客様と会話しながら、通話履歴を入力することもあるので、ブラインドタッチが出来るようになります。

コールセンターの志望動機の書き方

コールセンターの仕事に応募するために履歴書に記入している様子

ここからはコールセンターの志望動機の書き方をお伝えします。
ここで紹介した「志望動機」「やりがい」「身につくスキル」合わせた志望動機を作ってみましょう。

志望動機:お給料がよかった
やりがい:お客様から感謝されること
身につくスキル:コミュニケーションスキル

私は以前販売の仕事をしていたので、「お客様から感謝されること」に一番のやりがいに感じていました。
コールセンターでもその「やりがい」が得られると思い、希望しました。
また、私は「コミュニケーションスキル」をもっと向上させたいと思っています。
コールセンターではクレーム対応などを通して「コミュニケーションスキル」も身につくと思いました。
以前の仕事より「給与が高く」、コールセンターの仕事に挑戦してみたく応募しました。

志望動機の「給与が高い」だけでは、企業に「入社したい」という熱意が伝わりにくく、面接では弱いです。
そこに「やりがい」と「身につくスキル」をプラスすると企業に意欲が伝わります。
他に「自分の持っているスキル」もプラスすると、なおよいです。

コールセンターの志望動機のまとめ

コールセンターで生き生きと働く人々

コールセンターの志望動機についてはいかがでしたか?

志望動機は一見難しいように思えますが、コールセンターのよいところを知れば自然と志望動機も出てくるものです。

まずはコールセンターの自分に対するメリットを知ってから志望動機を作ってみてください。

関連記事
コールセンターの仕事に興味を持った方は「コールセンターのメリット」や「コールセンターの仕事のつらいこと」のこちらの記事もどうぞ。
コールセンターのプロが語る!知って得するメリットデメリット
【元センター長執筆】コールセンターの仕事に向いている人、向いていない人
コールセンターに関連する記事一覧
【元センター長執筆】コールセンターが未経験者でも活躍できる2つの理由と先輩からのアドバイス
【元センター長執筆】コールセンターで身につくスキルと資格でキャリアアップ
【元センター長執筆】コールセンターと一般事務の仕事の違いって何?
【求人数調査】電話・コールセンターの派遣会社おすすめランキング!
【元センター長が伝授】コールセンター面接時の志望動機の書き方
【元センター長執筆】経験者50人に聞くコールセンターでつらくて大変なことTOP4!
【元センター長執筆】コールセンター経験者50人に聞くやりがいTOP4
【元センター長執筆】コールセンターでキャリアアップする「完全ガイド」
【元センター長が執筆】コールセンター内の役割にはどんなものがあるの?
コールセンターのプロが語る!知って得するメリットデメリット
【元センター長が執筆】コールセンターの勤務時間、休日、休暇、残業など
【元センター長執筆】コールセンターの将来性と今コールセンターですべきこと
【元センター長執筆】コールセンターの仕事に向いている人、向いていない人
コールセンターのプロが語る!コールセンターの仕事内容と難易度とは?
【元センター長執筆】コールセンターで働く男性の3つのメリットと実態
【元コールセンター長執筆】コールセンターで働く1日の流れ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


?