【元センター長執筆】コールセンターで身につくスキルと資格でキャリアアップ


「コールセンターに就職したら、どんなスキルが身についてどんな資格が取れるのだろう?」
「コールセンターに就職したら、次はどんなキャリアアップがあるのだろう?」
転職するなら身につくスキルや資格、その後のキャリアアップも知りたいですよね。

ここでは13年間コールセンターで勤務してきてセンター長も務めていた私が、コールセンターに入社した場合のスキルや資格、その後のキャリアアップを説明します。

具体的には…

  1. コールセンターで身につくスキル
  2. コールセンターで取得できる資格
  3. 身につけたスキルの活かし方

このような点について詳しく説明していきます。

コールセンターでは未経験者から始めても管理職で必要なスキルが身につきますよ。

コールセンターに入社した場合に身につくスキルや資格をしっかりと理解した上で、コールセンターへ応募してみてはいかがでしょうか。

コールセンターで身につくスキル【オペレータ編】

コールセンターで身につくスキルを教えてくれるオペレータ

コールセンター経験者に「コールセンターで身についたスキルは何ですか?(複数回答可)」とアンケートした結果、「電話対応力(43人)」が全体の86%を占め、ダントツ1位でした。
次いで「コミュニケーションスキル(24人)」「パソコンスキル(20人)」となりました。
MEMO
コールセンターの仕事は「電話対応力」はもちろん身につきますが、「コミュニケーションスキル」「パソコンスキル」など、オフィスワーク全般のスキルも身につきます。

コールセンターで身につくスキル【SV編】

コールセンターで身につくスキルを教えてくれるSV

スーパーバイザー(SV)は管理職なので、「人員管理能力」「目標数値管理能力」の2つが身につきます。
コールセンターでスーパーバイザー(SV)になると、比較的若く(早く)管理者になれるので、管理業務が早く身につきます。

コールセンターで取得できる2つの資格

資格を取得しようと考えるコールセンターの女性

コールセンター経験者が取得する資格は「コンタクトセンター検定」や「CSスペシャリスト検定」があります。

コンタクトセンター検定とは

「コンタクトセンター検定」は一般社団法人日本コンタクトセンター教育検定協会が認定する民間資格です。

コールセンター(コンタクトセンター)で働く方や、これから働きたいと思っている方向けの「コンタクトセンターの全般に関する資格」になります。
試験のコースは6つに分かれるのですが、大きく分けて「オペレーションレベル」と「プロフェッショナルレベル」に分かれます。
「オペレーションレベル」は初心者向けのものからスーパーバイザー向けのものまであり、「プロフェッショナルレベル」はセンター長やコールセンターシステム構築者、高度な知識を必要とされる担当者レベルのものまであります。

自分の経験値や深めたい知識別に受験できるのがいいところです。

詳しくはこちらのホームページを参考にしてみてください。

参考

コン検一般社団法人日本コンタクトセンター教育検定協会

CSスペシャリスト検定

「CSスペシャリスト検定」は一般社団法人CSスペシャリスト検定協会が認定する民間資格です。

コールセンターの業種に限らず営業やエンジニア、技術系の方にも受検されている「顧客満足に全般に関する試験」です。
試験のレベルは「ベーシックレベル」「プロフェッショナルレベル」「スペシャリストレベル」の3つに分かれます。

「顧客満足全般」の資格なので、コールセンター以外の仕事に就いたときにも役立ちます。

詳しくはこちらのホームページを参考にしてみてください。

参考

CSスペシャリスト検定協会一般社団法人CSスペシャリスト検定協会

オペレーター経験で身につけたスキルの活かし方

オペレーター経験で身につけたスキルの活かして生き生きと働く女性

オペレーターでは「電話対応」「パソコン」「コミュニケーション」の3つのスキルが身につきます。
コールセンターで継続して働く場合にはスーパーバイザーを目指し「管理職」に就くこともできますが、他のチャレンジをしたい場合は「一般事務」「営業事務」が即戦力になるでしょう。

「コンタクトセンター検定」を取得した場合は、コールセンターでの更なるキャリアアップに役立ちますが、「CSスペシャリスト」の検定を取得した場合は、営業や販売員への研修担当の仕事で採用される場合もあります。

スーパーバイザー経験で身につけたスキルの活かし方

スーパーバイザー経験で身につけたスキルの活かし方について話す男女

スーパーバイザーでは「管理能力」が身につきます。
コールセンター以外の転職を検討している方は、小売店や飲食業などの「スーパーバイザー」または、広告や保険の「代理店への営業」などが即戦力になります。
また管理職経験者ということで、どんな職種であっても「管理職」として採用されることも多いです。

MEMO
「コンタクトセンター検定」を取得した場合は、オペレーターと同じくコールセンターでの更なるキャリアアップに役立ちます。
「CSスペシャリスト」の検定を取得した場合も、オペレーターと同じく営業や販売員への研修担当の仕事で採用される場合があります。

コールセンターで身についたスキルと資格のまとめ

コールセンターで身についたスキルを活かし生き生きと働く女性

コールセンターでオペレーター経験を積むと事務処理スキルを取得でき、スーパーバイザー(SV)経験を積むと管理能力を養えます。
コールセンターでオペレーターからスーパーバイザー(SV)へキャリアアップすることもできますし、別の業種へキャリアアップすることもできます。

もし、コールセンターの仕事に興味を持っているなら、今後のキャリアアップも視野にコールセンターの仕事をチャレンジすることをおススメしますよ!

関連記事
コールセンターのキャリアアップやコールセンター内の役割についての記事はこちらもどうぞ!

【元センター長執筆】コールセンターでキャリアアップする「完全ガイド」
【元センター長が執筆】コールセンター内の役割にはどんなものがあるの?
コールセンターに関連する記事一覧
【元センター長執筆】コールセンターが未経験者でも活躍できる2つの理由と先輩からのアドバイス
【元センター長執筆】コールセンターで身につくスキルと資格でキャリアアップ
【元センター長執筆】コールセンターと一般事務の仕事の違いって何?
【求人数調査】電話・コールセンターの派遣会社おすすめランキング!
【元センター長が伝授】コールセンター面接時の志望動機の書き方
【元センター長執筆】経験者50人に聞くコールセンターでつらくて大変なことTOP4!
【元センター長執筆】コールセンター経験者50人に聞くやりがいTOP4
【元センター長執筆】コールセンターでキャリアアップする「完全ガイド」
【元センター長が執筆】コールセンター内の役割にはどんなものがあるの?
コールセンターのプロが語る!知って得するメリットデメリット
【元センター長が執筆】コールセンターの勤務時間、休日、休暇、残業など
【元センター長執筆】コールセンターの将来性と今コールセンターですべきこと
【元センター長執筆】コールセンターの仕事に向いている人、向いていない人
コールセンターのプロが語る!コールセンターの仕事内容と難易度とは?
【元センター長執筆】コールセンターで働く男性の3つのメリットと実態
【元コールセンター長執筆】コールセンターで働く1日の流れ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


?