非常に難関!?MRへの転職・中途採用について

がんばるMR


「MRに転職はできる?」
「中途採用でMRになるのは難しい?」

と悩んでいませんか。

そこで、
現役転職エージェントでMRの紹介経験が豊富な筆者が、
これらの悩みを解説していきます。

この記事で、MRのことを知っていただると幸いです。

今MRの中途採用は少なくなっている

今中途採用からMRになるのは非常に難しい状況です。

なぜなら、現在製薬業界は人材過多の状態になっており、各製薬会社が在籍しているMRに対して早期退職を募っています。そのような状況で外部からMRの人材を採用することは考えにくい状況です。

今MRを目指すというのはあまり懸命な判断とは言えません。

各転職エージェントのMR希望者に対する対応

MRへの転職が難しい今、MRへの転職希望者に対して各転職エージェントは医療機器営業案件や病院向けのITサービスの案件を紹介する傾向にあります。

なぜ、MR志望者に医療機器営業案件や医療向けIT案件を紹介しているのかというと以下のような理由があります。

  • 商談相手や営業のやり方がほとんど同じであるため
  • 未経験者の採用を継続的に行っているため

MRは、医者や薬剤師、病院総務の責任者と商談をするお仕事です。

MRが扱う医薬品と、医療機器やITサービスは物が違えど、医者や薬剤師にアポイントメントを取り、課題のヒアリングや商材の紹介するのが基本的な仕事で、MRとそれほどの大差はありません。

また医療機器やITサービス系の営業職は、現在継続的に募集しているため、今募集のないMRを紹介するよりも同じような仕事である医療機器営業や医療向けIT案件を紹介した方が転職エージェントとしても有益だと考えます。

このような状況のため、MRではなく医療機器などの営業職への転職をすすめる転職エージェントが多いのです。中には、MRは今後ITに取って変えられ、職種がなくなると考える転職エージェントもいます。

実際、派遣MR専門の派遣会社であるCSOの中にはITサービスの企業と連携し、AI時代に備えたサービスを開発している会社もあるようです。

もし、MRになりたいとお考えの方は、このような状況を認識した上で本当にMRを目指すことが正解なのか一度考えたり、転職エージェントに相談するということが大事だと言えます。

MRの記事一覧

仕事内容

なるには

給料・年収

就職・転職

働き方

その他

作成中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA