給料を沢山貰えるって本当!?MRの年収事情

MR給与


「MRの給料は高い?」
「MRの年収はどれくらいなの?」

と悩んでいませんか。

そこで、
現役転職エージェントでMRの紹介経験が豊富な筆者が、
これらの悩みを解説していきます。

この記事で、MRのことを知っていただると幸いです。

MRの年収は高い?

MRの年収は他の職種と比較すると高いです。実際、大手転職サイトdodaの調査によると、2018年MRの平均年収は709万円で全ての職種を見ても4番目に年収の高いお仕事です。

では、なぜMRの平均年収は高いのかというと、以下の理由となります。

  • 扱っている商品=医薬品の単価が高い
  • 常にニーズがあるので売れる
  • 医薬品の特許期間中は競合がいない

会社の売り上げは、おおまかにいうと、商品の単価×数量で決まり、高いものを多く売ればそれだけ会社の売り上げが増え、社員に給料として還元されます。

医薬品は、通常保険適用されるため、あまり高い印象を持たれないかもしれませんが、実は、保険適用の枠を外せばかなり高額なのです。

それがコンスタントに売れるため、高い売り上げを出すことができます。

また、医薬品には特許期間というものがあり、その特許期間中は同じ成分の医薬品を他の製薬会社が作ることはできません。(特許期間が過ぎたものがジェネリック医薬品と呼ばれます。)

つまり、特許期間中の医薬品(一般的には新薬と呼ばれます)は、独占的に販売するため、更に売り上げを上げやすくなります。

以上の理由から、MRは年収が高いのです。

同じMRでも年収差は生まれる

同じMRでも、新薬メーカーとジェネリックメーカーでは、新薬メーカーのほうが年収が高くなります。

以下の参考サイトの年収ランキングを見てみましょう。

このランキングを見てもらうと、ジェネリック医薬品売り上げトップを争う沢井製薬と日医工の名前がありません。

ジェネリック医薬品はどの製薬会社でも作ることができます。そのため、価格競争が起こりやすく、数を売っても売り上げは上がりにくくなります。

そのため、MRとして年収を上げたいのなら、ジェネリック医薬品を扱う製薬会社よりは、新薬メーカーを目指すといいでしょう。

MRの記事一覧
仕事内容
なるには
給料・年収
就職・転職
働き方
その他
作成中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA