転勤が多いって本当!?MRの転勤事情について

MR転勤



執筆者 : 転職エージェントとして、求職者にMRの仕事を紹介。そのためMRの酸いも甘いも知り尽くしています。

MRは転勤の多いお仕事?

よくMRは転勤が多いと言われますが、実際、MRは転勤が多いお仕事です。

ただし転勤の間隔は、銀行や証券会社のように2〜3年に一度ではなく、だいたい5年や10年に一度くらいの頻度で発生します。

では、なぜ転勤が多くなるのかというと、おもに以下の3つの理由が挙げられます。

  • 全国にある支店・営業所に最善の人員配置をするため
  • 栄転した社員の新天地確保が必要なため
  • 社員の経験値をあげ、成長を促すため

各製薬会社は、全国に支店をもっています。支店によっては、欠員が発生したり、競合他社との関係から苦戦を強いられたりするところもあります。そのような場合、人員の配分を変える必要があるため、転勤する社員が出てくるのです。
また、優秀な社員がマネージャーや支店長に昇格する場合に、最初は営業成績がよかったり、ベテランの社員がいたりするなど、マネージャーとして働きやすい拠点に転勤させることもあります。

逆に、なかなか成果がでない・伸び悩んでいる社員がいれば、心機一転、別の拠点で再スタートさせるための転勤もあります。

転勤というと、面倒・不安などのマイナスなイメージをもつ人も多いですが、実は、社員の成長やのキャリア形成を考えて行うことが多いものです。

転勤をしたくないなら派遣MR

転勤をしたくないならば、「CSO」に登録して派遣MRとして勤務すると、原則転勤はありません。

MRは、製薬メーカーにだけ在籍しているわけではありません。「CSO」と呼ばれるMR専門の派遣会社があり、そこから製薬会社に派遣されるMRもいるのです。

派遣といわれると、「派遣切り」と言われる言葉から不安定なイメージがあるかもしれませんが、CSOに登録しているMRは、CSOの正社員として採用されます。

年収は製薬会社のMRよりは低めに設定されていますが、住宅手当も支給されることも多いです。

「MRの仕事はやりたいけど、転勤はしたくない」という人ならば、CSOに登録して派遣MRとして働くというのもいい方法だと言えます。

MRの記事一覧

仕事内容

なるには

給料・年収

就職・転職

働き方

その他

作成中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA