結婚、子育てしながら続けられる?女性MRのキャリア

子育てMR



執筆者 : 転職エージェントとして、求職者にMRの仕事を紹介。そのためMRの酸いも甘いも知り尽くしています。

MRは結婚、子育てしながら続けられる?

女性が結婚後にMRとして働くのは、正直かなり厳しいと言えます。
その理由として、以下が挙げられます。

  • 医者の手が空く夜に営業活動ができなくなる
  • 子育てと営業活動で体力的に限界がある
  • 転勤と言われても対応できない

MRの仕事は、9時〜17時で終われる仕事ではありません。夜の時間帯も営業活動を行うことも多いですが、家族の協力や夜間・深夜まで対応している保育園への入園がないと対応できなくなります。

また体力面でも、MRは他の営業職に比べて移動が多く、一日中動きっぱなしで営業活動を行い、帰宅したら今度は子育てや家事を行うため、体力的に厳しくなります。特に、子供が小さいときは夜泣きなどもあり、体がヘトヘトになってしまいます。

しかも、MRには5年や10年かの間隔で転勤があります。仮に夜間の営業活動や体力面をクリアしても、転勤に対応できない場合所属している会社でMRとして働くのは難しくなります。

以上の点から、女性の方が結婚、子育てをしながらMRとして活躍するのは難しいと考えてください。

結婚・出産前の活躍こそが大事

ただ、結婚・出産後もMRとして働いている方がいるのも事実です。

そういう女性は、大抵結婚・出産前に会社に貢献し、実績を積み上げてきた方が多いです。

体力面、仕事の配分など、MRの仕事を熟知し慣れたからこそ、結婚や出産を経ても活躍できるのです。

逆に言えば、未経験で子育て中のママがMRになることは、とても難しいでしょう。
採用する製薬会社側も、実際に独身女性よりも採用のハードルを上げています。

MRになりたい!MRとして長く働きたい!ならば、経験と実績を積みやすい若い段階でMRとしてのキャリアをスタートさせ、できる限りの経験と実績を作り上げることが一番といえます。

MRの記事一覧

仕事内容

なるには

給料・年収

就職・転職

働き方

その他

作成中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA