実はほとんどが文系!?MRの採用事情について

MR文系



執筆者 : 転職エージェントとして、求職者にMRの仕事を紹介。そのためMRの酸いも甘いも知り尽くしています。

ほとんどのMRが文系出身

MRは、医薬品の使い方や副作用などの情報を医者や薬剤師に伝えていく仕事のため、理系出身でないとできないと思われがちですが、実は現役MRのほとんどが文系出身です。

なぜ、MRは文系出身者が多いのかというと、以下の理由となります。

  • コミュニケーション力など営業に必要なスキルをもつのは、文系出身者が多いため
  • 営業希望者は文系出身が大半で、理系出身に限定すると人員不足に陥るため
  • 各製薬会社の教育プログラムが充実しており、文系出身者でもMRとして一人前に育成できるため

本来、MRは医療の専門家なのでバイオや化学、製薬の知識をもっているのに越したことはありません。

しかしそれ以上に、MRは営業の意味合いが強い仕事です。

また、営業職を希望する人員数や営業としての適性が高い方は、文系出身者が多く、各製薬会社のMR人員を確保するためには、文系出身者をMRとして育成したほうが売り上げを確保できます。

そのため、各製薬会社は文系出身者でも一人前のMRに育成するための教育プログラムを充実させています。

以上の点から文系出身者でもMRとして活躍できているのです。

MRの採用枠は少ない時代を迎えている

現在、業界ではMRを削減する動きが進んでおり、各製薬会社では、MRの希望退職を募っている状況です。

年齢構成上の問題で、新卒の採用は行うことにはなりますが、中途採用でのMR採用は明らかに減っています。これはMR未経験者だけではなく、経験者にしても同じです。

そのため、未経験から中途採用でMRになることは、文系出身者はおろか、営業経験がある理系出身者でも厳しいです。

MRそのものが必要なくなる時代を、迎えてきているのかもしれません。

MRの記事一覧

仕事内容

なるには

給料・年収

就職・転職

働き方

その他

作成中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA