どのような転職先ある?MRの転職、独立について

MR転職


「MRから転職するならどんな職種があるの?」
「MRは独立できるの?」

と悩んでいませんか。

そこで、
現役転職エージェントでMRの紹介経験が豊富な筆者が、
これらの悩みを解説していきます。

この記事で、MRのことを知っていただると幸いです。

MRからの転職先はどんなところがある?

MRからMR以外への転職を考える場合、年齢にもよりますが、以下のような転職先があります。

  1. 医療機器営業・医療向けITサービス営業
  2. 転職エージェント
  3. 医療コンサルタント

1.医療機器営業・医療向けITサービス営業

医療機器営業・医療向けITサービス営業は、医療機器または医療系のITサービスを商品とし、医者や薬剤師、病院管理者などに営業をする仕事で、今までやって来たMRの活動経験をそのまま活かして仕事をすることができます。

年収は、MRと比べて多少下がる可能性があります。

しかしながら、キャリアや実績を積めば、今のMRでの年収以上を稼ぎ出すことも可能です。MRの希望退職が続いている今、自身の経験を生かせる最良の転職先の1つと言えます。

2.転職エージェント

転職エージェントとは、登録した転職希望者と人材が欲しい企業をマッチングさせることが仕事です。

転職エージェントには、リクルートエージェントやDODAのような幅広い職種や業界の転職を支援するエージェント(総合型転職エージェント)と、エムスリーキャリアのような特定の職種や業界を専門として転職支援するエージェント(特化型転職エージェント)があります。

総合型転職エージェントでも転職することは可能ですが、MRは、医療業界を専門としている転職エージェントに転職するケースも多いです。

3.医療コンサルタント

医療コンサルタントとは、医療機関や医薬品メーカー、医療機器メーカーに対して、開業・運営支援や経営コンサルティング、オペレーションコンサルティングを行うのが仕事です。

医療コンサルタントは、専門知識も然ることながら、地頭のよさ、論理的な考え方ができるかどうかが問われるため、かなり難関な転職先ではあります。そのため、高学歴のMR出身者が、年収を下げず転職する方法として医療コンサルタントを選ぶケースが多いです。

MRから独立はできる?

MRから独立・起業することは可能ですが、MRと同じ仕事内容を個人で行うわけではありません。

MRから独立した後は、MRの活動支援に回る場合が多く、例としては、MRのスキルアップのためのセミナー開催や転職支援などを行っています。

また、MRが独立するのは、他の業種と比べてとても大変です。例えば、飲食店のシェフが修行後に独立して自分の店を持つことは一般的ですが、MRにはそのような一般的な独立・起業のルートがありません。

そのため、独立をしたい方は、どのようなビジネスで独立するのかマーケティングを行い、何をするのか決め、十分な準備と覚悟を決め独立をしましょう。

MRの記事一覧

仕事内容

なるには

給料・年収

就職・転職

働き方

その他

作成中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA