【沖縄おすすめ転職エージェント6選】求人数など徹底調査!UIターンから転職サイトまで「沖縄の転職」を徹底解説

沖縄おすすめ転職エージェント6選


元派遣&転職会社で約6年勤務

「沖縄での転職は、どの転職エージェントがいいんだろう?」と思っていませんか。

そこで、元転職エージェントが総勢16社から、以下の3タイプに分けて転職エージェントをご紹介します!自分に該当するタイプをクリックすれば、すぐにピッタリの転職エージェントに出会えます。

△クリックすると、該当タイプの転職エージェント紹介が見られます。

さらに、沖縄での転職に役立つ
「おすすめ転職サイト3選」

「転職エージェントを利用する際の流れや注意点」
などについても細かく解説もしています。

沖縄で転職したい方、沖縄から転職したい方、沖縄に関わる全ての転職希望者の転職エージェント選びの参考になれば幸いです。

目次

大手転職会社にて約6年勤務、延べ2,000人近くの転職をサポート。派遣業務、転職エージェント業務、新卒代行業務など幅広い業務を経験。担当業界は、金融・不動産・メーカー・商社・IT・マスコミ・小売・官公庁など多岐にわたる。

【沖縄で転職するなら登録!】おすすめ転職エージェント6選

沖縄で転職するなら、次のようなポイントを踏まえて転職エージェントを選びましょう。

転職エージェントを選ぶポイント

そこで、ここからはそれぞれのポイントに沿って、

  1. 沖縄の求人数が多い転職エージェント
  2. 沖縄や近郊に拠点がある転職エージェント

をご紹介します。どちらのポイントも抑えている転職エージェントは沖縄では少ないため、それぞれのポイントから1社ずつは登録することをおすすめします。

①沖縄の求人数が多い転職エージェントランキングTOP3

総勢16社の転職エージェントの沖縄の求人数を調べると、以下のような結果となりました。

※2019年4月9日時点/当社調べ
※求人数はすべて「沖縄県」で絞った求人数になります。

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントは、全国で圧倒的な求人数をもち、支援実績も累計41万件以上と名実ともにトップクラスの転職エージェントです。

1971年から続く老舗であるため、取引企業との関係も強く圧倒的な求人数を維持しています。だからこそ、利用者も多く、転職を支援した実績も豊富なのです。

また求人数も然ることながら、リクルートエージェントはコンサルタントの評価も高いです。弊社のアンケートによると、担当者の返答や対応が早い・情報共有がしっかりしているという評価が多数ありました。

リクルートエージェント求人・拠点データ
沖縄の求人数 783件
担当者の対応力 3.8点/5点満点中
(※弊社調べ)
沖縄の拠点詳細 沖縄県内に拠点はなし
全国の拠点詳細 札幌・仙台・東京(丸の内)・東京(立川)・栃木・埼玉・千葉・横浜・静岡・名古屋・京都・大阪・神戸・岡山・広島・福岡
dodaエージェントサービス

dodaエージェントサービス
dodaエージェントサービスは、転職サイト「doda」が提供するサービスで、豊富な求人数をもち、転職サイトとしても使えるという特徴があります。

リクルートエージェントは、公開求人数・非公開求人合わせた求人数ですが、dodaエージェントサービスは公開求人数の数値であり、公開求人数だけで比較するとリクルートエージェントより上回るほどの求人数をもっています。

また、1度登録すれば、エージェントサービスはもちろん、転職サイトとして直接企業に応募したり、スカウトサービスを使うことも可能です。

dodaエージェントサービス求人・拠点データ
沖縄の求人数 769件
担当者の対応力 3.2点/5点満点中
(※弊社調べ)
沖縄の拠点詳細 沖縄県内に拠点はなし
全国の拠点詳細 札幌・仙台・東京(丸の内)・横浜・名古屋・大阪・岡山・広島・福岡
マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントは、統合ブランド「マイナビ」を展開する会社であるマイナビが運営しており、20代・30代のローキャリアから特に支持されている転職エージェントです。

沖縄の求人数は、第1位のリクルートエージェントおよび第2位のdodaエージェントサービスを大きく下回りますが、まだ社会人経験の浅い20代からの支持が強く、楽天リサーチ2018年1月の調査では「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」に輝いています。

弊社のアンケートでも、マイナビエージェントの利用者は20代・30代が圧倒的に多いです。担当者の対応に対する評価もとても高く、「とても親切丁寧に対応してくれた」「言いにくそうなこともはっきり言ってくれた」などの声が寄せられています。

マイナビエージェント求人・拠点データ
沖縄の求人数 234件
担当者の対応力 4.2点/5点満点中
(※弊社調べ)
沖縄の拠点詳細 沖縄県内には拠点なし
全国の拠点詳細 札幌・東京(京橋)・東京(新宿)・横浜・名古屋・大阪・福岡

②沖縄に拠点がある転職エージェント

総勢16社の転職エージェントの沖縄拠点を調べると、以下のような結果となりました。

拠点あり
JTB沖縄人財バンク
リージョナルキャリア沖縄
人財パワー株式会社
アクシア沖縄
ジョブアンテナエージェント
拠点なし
リクルートエージェント
dodaエージェントサービス
マイナビエージェント
Spring転職エージェント
パソナキャリア 他

ここでは、沖縄に拠点のある「JTB沖縄人財バンク」「リージョナルキャリア沖縄」「ジョブアンテナエージェント」の3社をご紹介します。

JTB沖縄人財バンク

JTB沖縄人財バンクは、大手旅行会社JTBグループが運営する沖縄県の観光・旅行業界に特化した転職エージェントです。

観光業界に幅広いネットワークをもっているため、沖縄県の宿泊施設やウェディング関連などの求人が多く、外国からの観光客に接する語学を活かせる求人も紹介してくれます。

さらに、JTBのネットワークを生かし、観光業界の現状や仕事内容に熟知したコーディネーターが転職をしっかり支援してます。

沖縄県の求人数 190件
沖縄の拠点詳細 株式会社JTB沖縄
沖縄県那覇市旭町112番1

※求人数などの情報は2019年4月9日時点のものです。

リージョナルキャリア沖縄

リージョナルキャリア沖縄は、30代以上の転職にとても強い転職エージェントで、リージョナルキャリアだけの独占求人も多くもっています。

リージョナルキャリアは、全国各地にある中堅転職エージェントをつないで転職支援しており、大都市以外にもネットワークをもっているのが特徴です。

リージョナルキャリア沖縄は、沖縄に本社をもつ株式会社レキサンが運営しています。年収400万円以上の案件がほとんどで、特に30代以上の即戦力となる人材の紹介に強い転職エージェントです。

沖縄県の求人数 158件
沖縄の拠点詳細 株式会社レキサン 本社
沖縄県那覇市久茂地2-12-21 電波堂ビル6F

※求人数などの情報は2019年4月9日時点のものです。

ジョブアンテナエージェント

ジョブアンテナエージェントは、豊富な求人数で人気の「ジョブアンテナ」を運営する琉球インタラクティブ株式会社の転職エージェントです。

ジョブアンテナエージェントはもっている求人数を公開していませんが、ジョブアンテナでは沖縄県内の正社員求人数5,335件となっています。(※2019年4月24日時点)そのため、転職エージェントとしても豊富な求人数があると期待できます。

沖縄県の求人数 非公開
沖縄の拠点詳細 琉球インタラクティブ 宜野湾本社
沖縄県宜野湾市大山3丁目11-32

※求人数などの情報は2019年4月9日時点のものです。

【沖縄から県外へ】他都道府県に転職したい方へおすすめ転職エージェント

沖縄から県外へ転職するなら、転職希望地の求人数が多く、さらに転職希望地と沖縄に拠点がある転職エージェントがおすすめです。

県外転職で転職エージェントを選ぶポイント

ただし、沖縄に拠点がない転職エージェントもあるため、転職希望地の求人数と拠点の有無にそれぞれでいい転職エージェントを1~2社ピックアップしましょう。

そこで、弊社では大手転職エージェント10社の全国8都市の求人数を調査し、それぞれのエリアで登録すべき転職エージェントを選出しました。

沖縄から「北海道エリア」へ転職したい方

「北海道」の求人数を比較すると、上位3社は以下のようになりました。

リクルートエージェント
(求人数:4937件)

登録 口コミ

dodaエージェントサービス
(求人数:1643件)

登録 口コミ

マイナビエージェント
(求人数:690件)

登録 口コミ

Spring転職エージェント(求人数:732件)

パソナキャリア(求人数:686件)

※求人数は、2019年2月26日時点の数値です。

上位3社とも、北海道札幌市に拠点はありますが、沖縄県内に拠点はありません。そのためキャリア面談などは電話対応になってしまいますが、対応力のある転職エージェントですので、登録をおすすめします。

沖縄から「東北エリア」へ転職したい方

東北エリアで求人数が多い「宮城県」の求人数を比較すると、上位3社は以下のようになりました。

リクルートエージェント
(求人数:5078件)

登録 口コミ

dodaエージェントサービス
(求人数:2227件)

登録 口コミ

マイナビエージェント
(求人数:742件)

登録 口コミ

Spring転職エージェント(求人数:732件)

パソナキャリア(求人数:686件)

※求人数は、2019年2月26日時点の数値です。

上位3社のうち、リクルートエージェントとdodaエージェントサービスは宮城県仙台市に拠点はありますが、沖縄県内に拠点はありません。そのためキャリア面談などは電話対応になってしまいますが、対応力のある転職エージェントですので、登録をおすすめします。

沖縄から「関東エリア」へ転職したい方

関東エリア代表「東京都」の求人数を比較すると、上位3社は以下のようになりました。

リクルートエージェント
(求人数:132,648件)

登録 口コミ

dodaエージェントサービス
(求人数:26,881件)

登録 口コミ

マイナビエージェント
(求人数:18,647件)

登録 口コミ

パソナキャリア(求人数:18,050件)

type転職エージェント(求人数:15,583件)

※求人数は、2019年2月26日時点の数値です。

東京都の求人数が多い転職エージェントは、掲載している5社すべて東京都内に拠点があり、さらに、リクルートエージェントは千葉・埼玉・横浜に、dodaエージェントサービスとマイナビエージェントは横浜にも拠点があります。

沖縄から「東海エリア」へ転職したい方

東海エリア代表「愛知県」の求人数を比較すると、上位3社は以下のようになりました。

リクルートエージェント
(求人数:25,843件)

登録 口コミ

dodaエージェントサービス
(求人数:6,923件)

登録 口コミ

パソナキャリア
(求人数:3,135件)

登録 口コミ

マイナビエージェント(求人数:2,753件)

Spring転職エージェント(求人数:2,131件)

※求人数は、2019年2月26日時点の数値です。

上位3社とも名古屋に拠点はありますが、沖縄県内に拠点はありません。そのためキャリア面談などは電話対応になってしまいますが、対応力のある転職エージェントですので、登録をおすすめします。

沖縄から「北陸・甲信越エリア」へ転職したい方

北陸・甲信越エリア代表「新潟県」の求人数を比較すると、上位3社は以下のようになりました。

リクルートエージェント
(求人数:3,498件)

登録 口コミ

dodaエージェントサービス
(求人数:1,053件)

登録 口コミ

Spring転職エージェント
(求人数:387件)

登録 口コミ

マイナビエージェント(求人数:385件)

パソナキャリア(求人数:211件)

※求人数は、2019年2月26日時点の数値です。

上位3社とも沖縄・新潟に拠点をもっていません。そのためキャリア面談などは電話対応になってしまいますが、対応力のある転職エージェントですので、登録をおすすめします。

沖縄から「関西エリア」へ転職したい方

関西エリア代表「大阪県」の求人数を比較すると、上位3社は以下のようになりました。

リクルートエージェント
(求人数:32,032件)

登録 口コミ

dodaエージェントサービス
(求人数:8,330件)

登録 口コミ

マイナビエージェント
(求人数:4,639件)

登録 口コミ

パソナキャリア(求人数:3,339件)

Spring転職エージェント(求人数:2,515件)

※求人数は、2019年2月26日時点の数値です。

大阪府の求人が多い転職エージェントは、上位5社すべて大阪府内に拠点をもっています。しかしながら、沖縄には拠点がないため、キャリア面談などは電話対応になってしまいますが、対応力のある転職エージェントですので、登録をおすすめします。

沖縄から「中四国エリア」へ転職したい方

中四国エリア代表「広島県」の求人数を比較すると、上位3社は以下のようになりました。

リクルートエージェント
(求人数:6,000件)

登録 口コミ

dodaエージェントサービス
(求人数:2,351件)

登録 口コミ

マイナビエージェント
(求人数:845件)

登録 口コミ

パソナキャリア(求人数:566件)

ランスタッド(求人数:487件)

※求人数は、2019年2月26日時点の数値です。
リクルートエージェントとdodaエージェントサービスは広島に拠点がありますが、マイナビエージェントのみ広島に拠点がありません。より地元の情報が欲しいならば、求人数第4位で広島に拠点をもつ「パソナキャリア」にも登録してみるといいでしょう。

沖縄から「九州・沖縄エリア」へ転職したい方

九州・沖縄エリア代表「福岡県」の求人数を比較すると、上位3社は以下のようになりました。

リクルートエージェント
(求人数:8,658件)

登録 口コミ

dodaエージェントサービス
(求人数:3,722件)

登録 口コミ

マイナビエージェント
(求人数:1,250件)

登録 口コミ

パソナキャリア(求人数:1,066件)

Spring転職エージェント(求人数:695件)

※求人数は、2019年2月26日時点の数値です。
上位3社とも福岡県福岡市に拠点はありますが、沖縄県内に拠点はありません。そのためキャリア面談などは電話対応になってしまいますが、それぞれ対応力のある転職エージェントですので、併用登録をおすすめします。

【県外から沖縄へ!】沖縄県にUIターンや移住したい方へおすすめ転職エージェント

県外から沖縄への転職ならば、沖縄の求人数が多く、さらに現在の居住地と沖縄に拠点がある転職エージェントが望ましいです。

転職したい地域にUI・移住で転職エージェントを選ぶポイント

弊社にて各転職エージェントの沖縄の求人数を調査すると、以下のような結果となりました。

  1. リクルートエージェント
  2. dodaエージェントサービス
  3. マイナビエージェント
  4. JTB沖縄人財バンク
  5. リージョナルキャリア沖縄

△クリックすると、各社の登録ページに遷移します。

リクルートエージェントやdodaエージェントサービス、マイナビエージェントは、全国各地に拠点をもっている転職エージェントですが、沖縄に拠点をもっていません。逆に、JTB沖縄人財バンクやリージョナルキャリア沖縄は拠点があり、さらに東京や大阪など大都市に拠点をもっているところもあります。

沖縄にUターンやIターンを希望するなら、求人数が多い上位5社のなかから、今お住まいの地域に拠点がある転職エージェントと、沖縄に拠点のある転職エージェントを1社ずつ選んでみるといいでしょう。

おきなわ移住の輪 も活用してみよう

おきなわへの移住を考えるなら、「おきなわ移住の輪」をぜひ読んで活用しましょう。

おきなわ移住の輪は、沖縄県移住定住促進事業として運営されている移住情報サイトで、沖縄のこまかな情報や、移住ステップの紹介、先輩移住者のインタビューなどが掲載されています。

各市町村から、住居紹介や地域おこし協力隊の募集要項などの情報が頻繁に更新されているため、まだ具体的な移住計画がないなら、いいきっかけを得られるでしょう。

沖縄で転職するなら併用したい!沖縄おすすめ転職サイト2選

求人の探し方
転職は、転職エージェントと転職サイトを併用すると、プロの力を借りつつ自分から積極的に転職活動ができるため、併用することをおすすめします。

そこで、ここでは沖縄の情報をよりつかんでいる地元の転職サイトを2つご紹介します。

1.ジョブアンテナ

ジョブアンテナは、トップクラスの沖縄求人数をもっており、転職エージェントサービスも展開している転職サイトです。

県外や海外の求人も掲載されていますが、ほとんどが沖縄県内の求人ばかりで、正社員に絞っても5,335件掲載されています。(※2019年4月24日時点)

求人は、職種も幅広く、社内の雰囲気まで詳しく紹介されています。「アンテナレベル」という求人の人気度や注目度が明記されているため、注目の求人を一目で確認できます。

2.ジェイウォームnet

ジェイウォームは、求人の95%以上が沖縄県の求人という沖縄密着系転職サイトです。

アルバイト求人が全体の半数以上ではありますが、それでも社員求人は626件(※2019年4月24日時点)と、転職エージェントの求人数と比較すると豊富な求人数をもっています。

また、沖縄県外への就職支援も積極的で、「ジェイウォームJOBステーション」という県外転職の支援施設も県内に2箇所設けています。

沖縄おすすめ転職エージェントを使って転職活動って?|転職エージェントの利用の流れ

沖縄の転職で使うべき転職エージェントをご紹介しましたが、転職エージェントをまだ利用したことがないと、「転職エージェントがどういうものなのか」も知りたいのではないでしょうか

そこでここからは、以下にあげる項目について詳しく解説していきます。

  1. 転職エージェント登録から就業までの流れ
  2. 面談が土日に対応可能かどうか
  3. 利用に費用はかかるのかどうか
  4. 転職エージェントの退会について
  5. 登録する転職エージェントの数について
  6. 転職エージェントを活用するためのコツ

転職エージェント登録から就業までの流れ

転職エージェントに登録してから就業するまで、一般的には以下のような流れになります。
転職エージェントの流れ

キャリアアドバイザーとの面談は、対面または電話で行い、今までの経歴や転職の希望条件の確認などを行います。面接ではありませんが、スーツまたはオフィスカジュアルで出向くと、転職エージェント側の印象もいいでしょう。

転職エージェントの面談は土日可能?

土日や平日夜に面談を行っている転職エージェントもありますが、すべてではありません。

キャリアアドバイザーとの面談は、可能な限り対面で行うべきです。対面で話をすることで、アドバイザーとお互いに意思疎通が図りやすくなり、細かな機微も伝えやすく共有情報の抜け漏れやズレが起こりづらくなるのです。

だからこそ、沖縄に拠点がある転職エージェントをおすすめしています。

ただ就業中ですと、休日でないと時間を作れない場合もあるものです。土日でも面談ができる転職エージェントも沖縄には多いため、まずは土日対応している転職エージェントから1社選んでみるのもいいでしょう。

大手転職エージェントの土日祝稼働状況

平日夜 土曜 日曜 祝日
リクルートエージェント
dodaエージェントサービス
Spring転職エージェント
マイナビエージェント
パソナキャリア
関連記事
▽こちらの記事でより詳しい時間や対応状況など調査しています。
土日も面談を行っている転職エージェント
土日も面談を行っている転職エージェントはどこ?面談の連絡がこない理由も掲載!

転職エージェントって費用はどれくらい?

転職エージェントのほとんど、「無料」でサービスを受けることができます。

この記事でご紹介した転職エージェントは、すべて無料で利用することができますし、大手も中小も基本的に無料でサービスを受けることができます。

ただし今回はご紹介していませんが、転職エージェントと求人を検索できる転職サイトである「ビズリーチ」は、有料会員専用のサービスもありますし、それ以外でも転職の面接指導や相談などを個別で行う場合は有料な場所もあります。

転職エージェントを退会ってできるの?

転職エージェントの退会は可能ですし、そこまで手間がかかったり負担になることはありません。

「一度登録したら、転職しない限りずっと連絡来るのでは…?」そんな不安を抱えてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、転職エージェントに登録後に退会することは可能ですし、ごねたり退会させてくれなかったりすることは、大手ではまずありません。

昨今、転職エージェントを1社だけではなく、2~3社同時に登録するのが普通になっており、転職せずに退会することはもはや普通になっています。だからこそ、退会を申し出ても理由は聞かれどスムーズに退会することはできます。

退会は、WEB上で申請できる場合もあれば、担当者に連絡が必要な場合もあります。もし担当者との今までの付き合いを考えて連絡できないなら、転職エージェントの代表電話やお問い合わせ窓口に連絡するのもいいでしょう。

退会・個人情報削除申請方法一覧

申請方法
リクルートエージェント 専用フォームで申請
dodaエージェントサービス 会員専用ページより申請
(詳しくはこちら
マイナビエージェント 担当者またはメールで申請
(詳しくはこちら
Spring転職エージェント 専用フォームから申請

転職エージェントは1社登録すればいい?

転職エージェントは、以下の理由により2~3社は同時登録することをおすすめします。

  1. 転職エージェントによって、紹介できる求人に違いがあるから
  2. 転職エージェントは、職種や分野によって得意・不得意があるから
理由1.転職エージェントによって求人は違う

各転職エージェントが紹介する求人には、同じ求人もありますが、そうではない求人も多数あります。

さらに特定の転職エージェントに限定された「独占求人」もあるため、多くの転職エージェントに登録していれば、それらに出会う確率が高まります。

理由2.転職エージェントによって得意・不得意がある

転職するなら、自分の希望する分野に強い転職エージェントだけ登録すればいいと考えるかと思いますが、実はそれは危険なのです。

なぜなら、特定の分野を専門とする転職エージェントは、多くの求人をもっていない傾向が強く、せっかく登録しても応募できる求人がないという事態を起こしかねないからです。

しかしながら、逆に求人数が多いからといって、すべての職種の求人があるかというとそうとも言えません。それぞれに得意・不得意があるからこそ、2~3社に登録して、お互いのいいところを活用すればいいのです。

転職エージェントを活用するコツは?

転職エージェントを活用する際、とても重要になるのは「信頼関係」です。信頼を積み重ねて転職を成功させるなら、以下に注意しましょう。

  1. 積極的に連絡し、返答はすばやく返す
  2. 経歴や希望など包み隠さず、正直に回答する
  3. どうしても相性が悪いなら担当者変更する

転職エージェントの担当者は、転職のプロであっても1人の人間です。積極的にすばやく、そして誠実な対応をする登録者には、早期転職できるようにサポートしようという気持ちが早く芽生えるものです。

しかしながら、どうしても人間同士であれば、担当者との相性が悪いこともあります。その場合は、早期に担当者変更を打診しましょう。相性の悪い担当者と続けるよりも、早く切り替えるほうが転職のチャンスがより早く巡ってきます。

まとめ:沖縄での転職活動に強い味方!おすすめ転職エージェントはこれでバッチリ!

元派遣&転職会社で約6年勤務

沖縄のおすすめ転職エージェントを、沖縄で転職するのか・沖縄から転職するのか、さまざまな状況に応じてご紹介しましたが、いかがでしたか?

沖縄の転職におすすめの転職エージェントを、選出する理由とともにご紹介しましたが、どのような状況でも以下3つのポイントを軸にご紹介してきました。

  1. 転職する地域の求人数が多いこと
  2. 転職する地域に拠点があること
  3. 今住んでいる地域に拠点があること

沖縄で転職する場合でも、沖縄から県外へ転職する場合でも、この軸で転職エージェントを選べば、多くの求人と対面での転職相談、転職希望地の転職事情を得ることができるでしょう。

ぜひご紹介した転職エージェントに登録し、あなたの望む新天地への転職を有意義なものにしていただければ、とても嬉しいです。

さらに転職エージェントを知るなら
この記事では、「沖縄の転職に強い」転職エージェントをご紹介しましたが、転職エージェントの中には「職種」や「年代・性別」に強みをもつのもあります。それらを知りたい方は、こちらの記事をぜひ読んでみてください。
【転職エージェントおすすめ18選】職種別に徹底調査!誰でも登録したい転職エージェントが見つかる|事務・営業・エンジニア・看護師・薬剤師・介護士・保育士

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA