【東京おすすめ転職エージェント3選】求人数や評判など徹底比較!キュージェントなど転職エージェント探しも解説

東京おすすめ転職エージェント3選


元派遣&転職会社で約6年勤務

「東京での転職は、どの転職エージェントがいいんだろう?」と思っていませんか。

そこで、元転職エージェントが総勢11社から、以下の3タイプに分けて転職エージェントをご紹介します!自分に該当するタイプをクリックすれば、すぐにピッタリの転職エージェントに出会えます。

△クリックすると、該当タイプの転職エージェント紹介が見られます。

さらに、数ある中から、自分にあった転職エージェントを探す際に使いたい、
「転職エージェントを探せるサイト3選」

転職エージェントが初めての方に、
「転職エージェントを利用する際の流れや注意点」
などについて細かく解説
もしています。

東京で転職したい方、東京へ転職したい方、東京に関わる全ての転職希望者の転職エージェント選びの参考になれば幸いです。

目次

この記事の管理者株式会社アドバンスフロー
代表取締役 中塚 章浩

大手人材会社にて約6年勤務。 派遣業務、転職エージェント業務、新卒採用代行業務など、幅広い業務を経験

東京の転職におすすめ!東京の求人数が多い転職エージェント3選

総勢11社の転職エージェントの東京都の求人数を調べると、以下のような結果となりました。

※2019年3月12日時点/当社調べ
※求人数はすべて「東京都」で絞った求人数になります。

ここから、ランキング上位3社について詳しくご紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントは、全国で圧倒的な求人数をもち、支援実績も累計41万件以上と名実ともにトップクラスの転職エージェントです。

1971年から続く老舗であるため、取引企業との関係も強く圧倒的な求人数を維持しています。だからこそ、利用者も多く、転職を支援した実績も豊富なのです。

また求人数も然ることながら、リクルートエージェントはコンサルタントの評価も高いです。弊社のアンケートによると、担当者の返答や対応が早い・情報共有がしっかりしているという評価が多数ありました。

リクルートエージェント求人・拠点データ
東京の求人数 139,782件
担当者の対応力 3.8点/5点満点中
(※弊社調べ)
東京の拠点詳細 リクルートエージェント本社
東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
リクルートエージェント西東京支社
東京都立川市曙町2-34-7 ファーレイーストビル7F

dodaエージェントサービス

dodaエージェントサービス
dodaエージェントサービスは、転職サイト「doda」が提供するサービスで、豊富な求人数をもち、転職サイトとしても使えるという特徴があります。

第1位のリクルートエージェントは、公開求人数・非公開求人合わせた求人数ですが、dodaエージェントサービスは公開求人数の数値であり、公開求人数だけで比較するとリクルートエージェントより上回るほどの求人数をもっています。

また、1度登録すれば、エージェントサービスはもちろん、転職サイトとして直接企業に応募したり、スカウトサービスを使うことも可能です。

dodaエージェントサービス求人・拠点データ
東京の求人数 30,311件
担当者の対応力 3.2点/5点満点中
(※弊社調べ)
東京の拠点詳細 丸の内本社
東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F・28F

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントは、マイナビ就職と同じ会社が運営しており、20代・30代のローキャリアに特に支持されている転職エージェントです。

東京の求人数は第1位と第2位から離されていますが、まだ社会人経験が浅い20代からの支持が厚く、楽天リサーチ2018年1月の調査で「20代に信頼されている転職エージェントNO1」にも輝いています。

弊社のアンケートでも、利用者は20代・30代が圧倒的に多く担当者の対応に対する評価はとても高いです。「とても親切丁寧に対応してくれた」「言いにくそうなこともはっきり言ってくれた」などの声が寄せられています。

マイナビエージェント求人・拠点データ
東京の求人数 19,846件
担当者の対応力 4.2点/5点満点中
(※弊社調べ)
東京の拠点詳細 東京(京橋)オフィス
東京都中央区京橋3-7-1 相互館110タワー4F/9F/10F
新宿オフィス
東京都新宿区新宿四丁目1番6号JR新宿ミライナタワー 24F

【東京から都外へ】他道府県に転職したい方へおすすめ転職エージェント

東京から都外へ転職するなら、転職希望地の求人数が多く、さらに転職希望地と東京に拠点がある転職エージェントがおすすめです。

県外転職で転職エージェントを選ぶポイント

ただし、東京に拠点がある転職エージェントは多いですが、転職希望地にない場合も多いため、求人数と東京の拠点の有無にポイントを置いて探しましょう。

そこで、弊社では大手転職エージェント10社の全国7都市の求人数を調査し、それぞれのエリアで登録すべき転職エージェントを選出しました。

東京から「北海道エリア」へ転職したい方

「北海道」の求人数を比較すると、上位3社は以下のようになりました。

リクルートエージェント
(求人数:5,104件)

登録 口コミ

dodaエージェントサービス
(求人数:2,253件)

登録 口コミ

マイナビエージェント
(求人数:688件)

登録 口コミ

Spring転職エージェント(求人数:647件)

パソナキャリア(求人数:647件)

※求人数は、2019年9月4日時点の数値です。

上位3社とも、北海道札幌市にも東京にも拠点がある転職エージェントです。札幌・北海道への転職なら、これらの転職エージェントに登録がおすすめです。

東京から「東北エリア」へ転職したい方

東北エリアで求人数が多い「宮城県」の求人数を比較すると、上位3社は以下のようになりました。

リクルートエージェント
(求人数:4,963件)

登録 口コミ

dodaエージェントサービス
(求人数:2,277件)

登録 口コミ

マイナビエージェント
(求人数:781件)

登録 口コミ

Spring転職エージェント(求人数:710件)

パソナキャリア(求人数:683件)

※求人数は、2019年9月4日時点の数値です。

上位3社のうち、マイナビエージェントは東北エリアに拠点をもっていませんが、リクルートとdodaは仙台に拠点があります。

東京から「東海エリア」へ転職したい方

東海エリア代表「愛知県」の求人数を比較すると、上位3社は以下のようになりました。

リクルートエージェント
(求人数:23,575件)

登録 口コミ

dodaエージェントサービス
(求人数:7,061件)

登録 口コミ

パソナキャリア
(求人数:3,231件)

登録 口コミ

マイナビエージェント(求人数:2,546件)

Spring転職エージェント(求人数:1,832件)

※求人数は、2019年9月4日時点の数値です。

上位3社とも、名古屋にも東京にも拠点がある転職エージェントです。東海エリアへの転職なら、これらの転職エージェントに登録がおすすめです。

東京から「北陸・甲信越エリア」へ転職したい方

北陸・甲信越エリア代表「新潟県」の求人数を比較すると、上位3社は以下のようになりました。

リクルートエージェント
(求人数:3,452件)

登録 口コミ

dodaエージェントサービス
(求人数:1,109件)

登録 口コミ

Spring転職エージェント
(求人数:384件)

登録 口コミ

マイナビエージェント(求人数:381件)

パソナキャリア(求人数:234件)

※求人数は、2019年9月4日時点の数値です。

上位3社とも新潟に拠点をもっていません。そのため、地元の中小企業などへの転職も考えるなら、地元密着の転職エージェントにも登録することをおすすめします。

東京から「関西エリア」へ転職したい方

関西エリア代表「大阪府」の求人数を比較すると、上位3社は以下のようになりました。

リクルートエージェント
(求人数:32,913件)

登録 口コミ

dodaエージェントサービス
(求人数:9,029件)

登録 口コミ

マイナビエージェント
(求人数:5,401件)

登録 口コミ

パソナキャリア(求人数:3,541件)

Spring転職エージェント(求人数:2,319件)

※求人数は、2019年9月4日時点の数値です。

上位3社とも東京にも大阪にも拠点があり、さらに、リクルートは神戸・京都にも拠点があります。

東京から「中四国エリア」へ転職したい方

中四国エリア代表「広島県」の求人数を比較すると、上位3社は以下のようになりました。

リクルートエージェント
(求人数:5,923件)

登録 口コミ

dodaエージェントサービス
(求人数:2,494件)

登録 口コミ

マイナビエージェント
(求人数:911件)

登録 口コミ

パソナキャリア(求人数:653件)

Spring転職エージェント(求人数:418件)(求人数:487件)

※求人数は、2019年9月4日時点の数値です。

リクルートエージェントとdodaエージェントは広島に拠点がありますが、マイナビエージェントのみ広島に拠点がありません。より地元の情報が欲しいならば、求人数第4位で広島に拠点をもつ「パソナキリア」にも登録してみるといいでしょう。

東京から「九州・沖縄エリア」へ転職したい方

九州・沖縄エリア代表「福岡県」の求人数を比較すると、上位3社は以下のようになりました。

リクルートエージェント
(求人数:9,424件)

登録 口コミ

dodaエージェントサービス
(求人数:3,887件)

登録 口コミ

マイナビエージェント
(求人数:1,349件)

登録 口コミ

パソナキャリア(求人数:1,085件)

Spring転職エージェント(求人数:626件)

※求人数は、2019年9月4日時点の数値です。

上位3社とも、福岡にも東京にも拠点がある転職エージェントです。九州エリアへの転職なら、これらの転職エージェントに登録がおすすめです。

【都外から東京へ!】東京に移住したい方へおすすめ転職エージェント

都外から東京への転職ならば、東京の求人数が多く、さらに現在の居住地に拠点がある転職エージェントが望ましいです。

東京の求人数が多いと、選べる求人も増えるため転職成功率が高まります。東京に拠点をもつ転職エージェントがほとんどですので、東京の転職事情に精通した担当者からの情報も得られやすいです。そのため、できる限り今お住まいの地域に拠点があるとさらに対面で担当者と会話ができるため、詳しい条件や状況を伝えやすくなります。

転職したい地域にUI・移住で転職エージェントを選ぶポイント

弊社にて東京との求人数を比較すると、上位3社は以下のようになりました。各社とも全国各地に拠点をもっています。お近くに拠点のある転職エージェントを選んで、ぜひ登録してみてください。

求人数上位3社のと全国拠点地域一覧
リクルートエージェント 130472件 札幌・仙台・栃木・埼玉・千葉
横浜・静岡・名古屋・京都・大阪
神戸・岡山・広島・福岡
dodaエージェントサービス 26907件 札幌・仙台・横浜・名古屋・大阪
岡山・広島・福岡
マイナビエージェント 18309件 札幌・横浜・名古屋・大阪・福岡

△クリックすると、各社の登録ページに遷移します。
△スライドすると、各社拠点がすべて確認できます。

【自分にあった東京の転職エージェントを選ぶ】転職エージェント探しサイト3選

大手の転職エージェント以外からも探したいなら、転職エージェントを探せるサイトを活用しましょう。

転職エージェントの数は全国で19,000社を超えており、大小さまざまな転職エージェントがあります。

大手転職エージェントは求人数が豊富で実績も多いため、転職するなら少なくとも1社は登録すべきです。ただ、特定の業界や専門職など狙う求人によっては、小規模の転職エージェントでも活用するほうがいい場合もあります。

その際に使いたい「転職エージェントを探せるサイト」を3選ご紹介します。

1.ビズリーチ

ビズリーチ
ビズリーチはヘッドハンターを探せるだけでなく、企業と直接やりとりもできる転職サイトです。

取扱い求人数は10万件を超えており、登録しているヘッドハンターも3,000人と、情報量は国内の転職サイトとしてトップクラスとも言える転職サイトです。

幅広い世代や職種、年収層に対応していますが、メインは年収600万円以上のハイクラス転職です。

2.マイナビ転職エージェントサーチ

マイナビ転職エージェントサーチは、地域や得意分野など細かく絞り込んで転職エージェントを探せるサイトです。

どんな転職エージェントが必要かは人それぞれですが、このマイナビ転職エージェントサーチは情報を細かく分類しているため、必要な転職エージェントを検索しやすいサイトです。

さらに、第二新卒など若年層に対応している転職エージェントもいるため、世代を問わずに転職エージェントを探せるでしょう。

3.キュージェント

転職エージェント数は少ないですが、細かく丁寧なサポートがある転職エージェントを見つけられます。

多くは東京をはじめ首都圏をメインで担当している転職エージェントが多く、数も他社に比べると少ないですが、希望する業界や狙いたい年収層に合った転職エージェントに出会えます。

東京おすすめ転職エージェントを使って転職活動って?|転職エージェントの利用の流れ

東京の転職で使うべき転職エージェントをご紹介しましたが、転職エージェントをまだ利用したことがないと、「転職エージェントがどういうものなのか」も知りたいのではないでしょうか

そこでここからは、以下にあげる項目について詳しく解説していきます。

  1. 転職エージェント登録から就業までの流れ
  2. 面談が土日に対応可能かどうか
  3. 利用に費用はかかるのかどうか
  4. 転職エージェントの退会について
  5. 登録する転職エージェントの数について
  6. 転職エージェントを活用するためのコツ

転職エージェント登録から就業までの流れ

転職エージェントに登録してから就業するまで、一般的には以下のような流れになります。
転職エージェントの流れ

キャリアアドバイザーとの面談は、対面または電話で行い、今までの経歴や転職の希望条件の確認などを行います。面接ではありませんが、スーツまたはオフィスカジュアルで出向くと、転職エージェント側の印象もいいでしょう。

転職エージェントの面談は土日可能?

土日や平日夜に面談を行っている転職エージェントもありますが、すべてではありません。

キャリアアドバイザーとの面談は、可能な限り対面で行うべきです。対面で話をすることで、アドバイザーとお互いに意思疎通が図りやすくなり、細かな機微も伝えやすく共有情報の抜け漏れやズレが起こりづらくなるのです。

ただ就業中ですと、休日でないと時間を作れない場合もあるものです。まずは土日対応している転職エージェントから1社選んでみるのもいいでしょう。

大手転職エージェントの土日祝稼働状況
平日夜 土曜 日曜 祝日
リクルートエージェント
dodaエージェントサービス
Spring転職エージェント
マイナビエージェント
関連記事
▽こちらの記事でより詳しい時間や対応状況など調査しています。
土日も面談を行っている転職エージェント
土日も面談を行っている転職エージェントはどこ?面談の連絡がこない理由も掲載!

転職エージェントって費用はどれくらい?

転職エージェントのほとんど、「無料」でサービスを受けることができます。

この記事でご紹介した転職エージェントは、すべて無料で利用することができますし、大手も中小も基本的に無料でサービスを受けることができます。

ただし、転職エージェントを探せるサイトとして紹介した「ビズリーチ」は、有料会員専用のサービスもありますし、それ以外でも転職の面接指導や相談などを個別で行う場合は有料な場所もあります。

転職エージェントを退会ってできるの?

転職エージェントの退会は可能ですし、そこまで手間がかかったり負担になることはありません。

「一度登録したら、転職しない限りずっと連絡来るのでは…?」そんな不安を抱えてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、転職エージェントに登録後に退会することは可能ですし、ごねたり退会させてくれなかったりすることは、大手ではまずありません。

昨今、転職エージェントを1社だけではなく、2~3社同時に登録するのが普通になっており、転職せずに退会することはもはや普通になっています。だからこそ、退会を申し出ても理由は聞かれどスムーズに退会することはできます。

退会は、WEB上で申請できる場合もあれば、担当者に連絡が必要な場合もあります。もし担当者との今までの付き合いを考えて連絡できないなら、転職エージェントの代表電話やお問い合わせ窓口に連絡するのもいいでしょう。

退会・個人情報削除申請方法一覧
申請方法
リクルートエージェント 専用フォームで申請
dodaエージェントサービス 会員専用ページより申請
(詳しくはこちら
マイナビエージェント 担当者またはメールで申請
(詳しくはこちら
Spring転職エージェント 専用フォームから申請

転職エージェントは1社登録すればいい?

転職エージェントは、以下の理由により2~3社は同時登録することをおすすめします。

  1. 転職エージェントによって、紹介できる求人に違いがあるから
  2. 転職エージェントは、職種や分野によって得意・不得意があるから
理由1.転職エージェントによって求人は違う

各転職エージェントが紹介する求人には、同じ求人もありますが、そうではない求人も多数あります。

さらに特定の転職エージェントに限定された「独占求人」もあるため、多くの転職エージェントに登録していれば、それらに出会う確率が高まります。

理由2.転職エージェントによって得意・不得意がある

転職するなら、自分の希望する分野に強い転職エージェントだけ登録すればいいと考えるかと思いますが、実はそれは危険なのです。

なぜなら、特定の分野を専門とする転職エージェントは、多くの求人をもっていない傾向が強く、せっかく登録しても応募できる求人がないという事態を起こしかねないからです。

しかしながら、逆に求人数が多いからといって、すべての職種の求人があるかというとそうとも言えません。それぞれに得意・不得意があるからこそ、2~3社に登録して、お互いのいいところを活用すればいいのです。

転職エージェントを活用するコツは?

転職エージェントを活用する際、とても重要になるのは「信頼関係」です。信頼を積み重ねて転職を成功させるなら、以下に注意しましょう。

  1. 積極的に連絡し、返答はすばやく返す
  2. 経歴や希望など包み隠さず、正直に回答する
  3. どうしても相性が悪いなら担当者変更する

転職エージェントの担当者は、転職のプロであっても1人の人間です。積極的にすばやく、そして誠実な対応をする登録者には、早期転職できるようにサポートしようという気持ちが早く芽生えるものです。

しかしながら、どうしても人間同士であれば、担当者との相性が悪いこともあります。その場合は、早期に担当者変更を打診しましょう。相性の悪い担当者と続けるよりも、早く切り替えるほうが転職のチャンスがより早く巡ってきます。

まとめ:東京での転職活動に強い味方!おすすめ転職エージェントはこれでバッチリ!

元派遣&転職会社で約6年勤務

東京のおすすめ転職エージェントを、東京で転職するのか・東京から転職するのか、さまざまな状況に応じてご紹介しましたが、いかがでしたか?

東京の転職におすすめの転職エージェントを、選出する理由とともにご紹介しましたが、どのような状況でも以下3つのポイントを軸にご紹介してきました。

  1. 転職する地域の求人数が多いこと
  2. 転職する地域に拠点があること
  3. 今住んでいる地域に拠点があること

東京で転職する場合でも、東京から都外へ転職する場合でも、逆に都外から転職する場合でも、この3つの軸で転職エージェントを選べば、多くの求人と対面での転職相談、転職希望地の転職事情を得ることができるでしょう。

ぜひご紹介した転職エージェントに登録し、あなたの望む新天地への転職を有意義なものにしていただければ、とても嬉しいです。

さらに転職エージェントを知るなら
この記事では、「東京の転職に強い」転職エージェントをご紹介しましたが、転職エージェントの中には「職種」や「年代・性別」に強みをもつのもあります。それらを知りたい方は、こちらの記事をぜひ読んでみてください。
転職エージェントおすすめ18選
【転職エージェントおすすめ18選】職種別に徹底調査!誰でも登録したい転職エージェントが見つかる|事務・営業・エンジニア・看護師・薬剤師・介護士・保育士

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA